冬に着用する子ども用のスポーツウェアについて

最近、学校の体育の必修科目にもなり、子どもたちの習い事や部活などで増えてきているのがダンスです。その際に必要なのがスポーツウェアですが、季節に合わせてどのように着用するのがいいのでしょうか。

また、冬といえばスキーウェアやスノーウェアですが、こちらも子ども向けのいろんなモデルが出てきています。そんな子どもたちが着る冬のスポーツウェアについて紹介します。

衣服の調節がしやすいようにする

活発に動き回る子どもは、季節に関係なく汗をかきやすいです。冬でも、屋内で重ね着をしたまま遊んでいると首元やおでこにうっすら汗がにじんでいることもあります。ダンスなどの運動を楽しむ際にスポーツウェアを着用するときは、冬でも厚着になりすぎないように注意しましょう。

ジャージもオールシーズン使えるタイプがありますし、ヒートテックなどの保温性に優れたインナーが出てきたりもしていますので、うまく活用した上で、子どもの状況に合わせて衣服が調節しやすいものがいいでしょう。

冬に楽しむスキーウェア、スノーウェアの選び方

次に、子ども用のスキーウェアやスノーウェアですが、子どもの年齢に合わせて形を選びましょう。例えば、オムツを使用している2歳くらいまでの子どもであれば、雪が中に入らないつなぎのタイプがおすすめです。

年齢が上がってくれば、トイレに行ったり、一人で着脱したりすることを考えると、便利なセパレートのタイプがいいでしょう。また、雪山でも目立ちやすい色のウェアを選ぶことも欠かせません。

冬にスポーツウェアに合わせて小物も選ぼう

子どもが汗をかきやすいとはいえ、顔や手といった目に見える部分がどうしても冷えてきてしまいます。そのような状況から子どもたちの肌を守るためにも、防寒用の帽子や手袋を用意しておいてあげましょう。帽子はニット帽をはじめ、耳当て付きのものがあったり、大人が真似できないような可愛らしい帽子があったりするのも魅力的です。

また、スキーやスノーボードはしないという家庭でも、手袋は普段用の他に、雪遊びを楽しむための防 水加工のグローブがあると便利です。

子どものスポーツウェアを探してみましょう

子ども用のスポーツウェアも種類が豊富にあってデザインもいろいろとラインナップされています。

子どもは大人以上に見た目にうるさいところもありますので、一緒にお気に入りのスポーツウェアを見つけてあげるのもいいでしょう。

Follow me!