冬の代表スポーツ「スキー」のためのスポーツウエアやグッズ選び

冬スポーツといえば、スキーですね。スキーを始めたい方、いったい何をそろえたらいいのか、迷いますね。主なものとして、スキー板やブーツのほか、ウエアも必要になります。特にウエア選びはこだわりたいものです。そこで、初めてのスキーでそろえてほしいものをお伝えします。

スキーに用意しておきたいもの

初めてのスキーの場合、スポーツショップに行き、スキー用品の種類、メーカーの多さに迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。ましてや、スキーの経験がない方では、自分に合ったものをどのように選ぶべきか、不安になってしまいますね。

用意するものとしては基本的にインナーと靴下以外はすべてレンタルが可能なので、購入の必要はありませんが、スキーをする回数を重ねればレンタル費用もかさむので、購入したいと考える方も多いです。スキー板、ブーツ、ウエア、インナー、ゴーグル、ニット帽、マスク、靴下、グローブ、チケットホルダーなどが主なものです。

子どものスキーセットの選び方

子どもを初めてのスキーに連れていきたいという多くの方の悩みは、成長が早い子どものスキーグッズをどうするかといった問題です。1年ごとに買い替えるのは負担が大きいと思ってしまいますね。スキー板は「身長より20センチほど短いもの」を目安にすると、数年間は使用できます。

金具の位置も変えられるようなものが理想です。またウエアもズボンの長さや袖の長さを変えられるものが多く出ていますので、調整可能なウエアを選ぶことをおすすめします。そうすることで、実質数年間は使用が可能なので、毎年買い替えるといった負担はありません。

スキーウエアについて

スキーの時はスキーウエアの下にミッドレイヤー、その下にインナーを着用します。スキーウエアはまず防水性を重視して選ぶようにしましょう。雪が浸透しないようなもので、山登り用のアウターやレインウエアでも代用可能です。ミッドレイヤーやインナー選びは重要です。ミッドレイヤーにはファストファッションブランドなどで売られている薄手のダウンなどを活用してもよいです。インナーは特に慎重に選びましょう。

身体に密着したラインのもので、保温性だけでなく、吸湿性なども備わったものがよいです。タートルネックとタイツ、ウインタースポーツ用であればしっかりと保温してくれます。以外に見逃しがちなのが靴下です。結構汗をかくので、汗で濡れて凍傷などにならないよう、吸汗性に優れたスポーツ用がおすすめです。 スキーウエアやグッズの選び方やおすすめについて、いくつかポイントをあげてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

Follow me!